HOME

民間学童保育がなぜ必要とされているのか

勉強する

子供が小学校に入学する時に、働く親に立ちはだかる「小一の壁」というものがあります。
保育園の時とは環境が大きく変化して様々な問題に直面し、働きづらくなる状況のことです。その「小一の壁」の中でも一番大きな問題が学童保育の問題です。

一般的に公立の学童保育は保育園より預かり時間が短い場合が多いです。
保育園では19時や20時頃まで預かってくれる場所もあるので、勤務時間や通勤時間の関係で遅いお迎えになってしまう人でも安心でした。しかし、公立学童保育は18時頃までという場合が多く、保育園のように遅くまでは預かってくれません。
そこで、もう一つの選択肢として民間学童保育が注目されています。
民間学童保育は公立の学童保育よりも預かり時間が長い場合が多いです。そのため、公立学童保育ではお迎え時間に間に合わないという人にはとても助かる形態となっています。
また、習い事を学童保育に通いながらできたりします。働いていると平日に習い事をさせるのはなかなか難しいですが、学童保育に通いながら学べるのは学校以外の教育の面でも魅力的です。
送迎や食事の提供がある場合も多くみられ、家庭でお弁当を作らなくても良かったり、運営企業によって様々ですが、公立学童保育よりサービスは圧倒的に充実しています。

共働き世帯が増えるなか、入室希望者が多く公立学童保育に入りにくいという地域もあり、サービスの充実した民間学童保育の需要が高まっているのです。

夏休み中の民間学童保育は料金が上がる場合もある

学童保育は、放課後だけではなく長期の休みに入る夏休みや冬休み、連休も利用できます。特に、長い休みとなる夏休み中は、学童保育に預けることでいろいろとメリットもあるでしょう。家にいると生活習慣が乱れてしまうこともありがちです。また、ゲームに夢中になる子供も多く宿題が思うように進まないという悩みがあります。

こんな時に、安心して任せられるのは教育のカリキュラムも充実している民間学童保育です。公立学童保育は、ひと月で3,000~7,000円の料金で済むので格安というメリットはあります。一方、民間学童保育では平均して30,000~50,000円と割高になってしまうのですが、それだけ行き届いたサービスが受けられるのが特徴です。

民間学童保育の場合、夏休み中には利用する日数も長くなり、おやつや昼食といったサポートが増えて来ることで料金が上がるところもあります。料金が上がったとしても、夏休みに子供を安全に過ごせる環境づくりができるといった点に注目すれば、民間学童保育を安心して選べるでしょう。夏休み中に生活習慣が乱れることは良くあることなので、仕事で家を空けている家庭の場合には、教育面のサポートも万全な民間学童保育を利用すればなお安心ということになるでしょう。

ただ、長期の休みとなるので夏休み期間は、料金が特に割高になるということもあらかじ心得ておくのが賢明です。

良いことがたくさんある民間学童保育

近年、共働きの家庭が増え、学童保育の需要が高まっています。学童保育にもいくつか種類がありますが、その中の1つである、民間学童保育にはメリットがたくさんあります。
まず公立の学童保育より遅くまで子どもを預かってくれるところがあります。仕事をしていると、どうしても終業時刻が伸びてしまったり、急な予定が入ったりすることもあります。そんなとき、子どもの迎えを心配する必要がなくなります。保育の終了時間が遅くなることで、仕事の選択の幅も増え、余裕を持って生活できます。土日や学校が長期の休みのときも開所している民間学童保育もあり、利用のしかたによって一段と便利になります。
また、教育面でサポートをしてくれる場所もあります。学校の宿題だけでなく、特別に講師を呼んで英語の授業をしたり、他の習い事まで送迎したりするサービスもあります。ただ子どもを預かってもらうのではなく、その時間を使って子どもの能力向上を図ることが可能です。民間学童保育の個々の方針によって、行っている学習面のフォローが異なるので、自分の子どもの将来を考えながら選べることもメリットです。
以上のとおり、民間学童保育にはメリットがたくさんあります。各家庭の状況にあわせて選ぶことをおすすめします。

ニュース

2021年05月19日
民間学童保育は自分の子どもに合うかということを重視して選ぶを更新しました。
2021年05月19日
民間学童保育に通うことは子どもの成長に繋がるを更新しました。
2021年05月19日
子供の学びの幅を広げる!民間学童保育の利点を更新しました。
2021年05月19日
子供達の放課後時間を充実させる民間学童保育を更新しました。